カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

鳥静の歴史

鳥静の軌跡

鳥静(とりしず)昭和25年に「せともの」の街、愛知県瀬戸市に開業

鶏肉も扱っていたためこの名前になる。
当時の瀬戸では窯焼き職人が窯の番をしながら窯の残り火で安くてスタミナのつくホルモンを食べている光景が
あちらこちらで見られたそうです。それが広まり瀬戸の焼肉といえば「ホルモン」とまで言われるようになりました。

 ▲食肉処理場にて 先代(父左側)と肉屋仲間

最初のお店

昭和52年頃
手狭になった前のお店から移転しました。
相撲の名古屋場所がやってくると関取衆がやってきて うちのホルモンでスタミナをつけて場所に望んだそうです。

昭和30年頃
市内中心部国道沿いに移転しました。

現在の瀬戸の風景と店舗

▲現在の瀬戸の風景
毎年9月に行われるせともの祭は何万人ものお客様で溢れ返ります。

▲正面、小高い森の中には陶祖が祀ってある
窯神神社があります。

ホルモン一筋50年の老舗の味をお届けします。

当店が沢山のお客様に支持されるわけ

新鮮なホルモンを新鮮なうちに手間ひまかけて下処理をしているから